昭和位女子大学

EDUCATION 教育の高度化

創立100周年、さらにその先を見据えた教育を実践します。

大学

さらに高める専門力と国際性+新たな時代の学生評価を構築

2019年9月本学キャンパスへの移転が決定しているTUJ(テンプル大学日本校)との連携強化も含め、学生の「グローバルに生きる力」を高める様々なプログラムを導入します。また、卒業要件単位を弾力化し、学科ごとに柔軟な設定を可能とすることにより、専門教育の強化にも対応します。学生に対しては、新たな3ポリシーならびに体系化・可視化した教育課程を提示するとともに、成績評価の際に到達度が確認できる仕組みを導入します。新たな取り組みとして、成績評価では見えない力(活動履歴、グローバルに生きる力、社会人基礎力など)を評価することを検討します。

教育の実質的転換

初等部

人としての基礎を培い、未来の社会でも
活躍できる子どもを教育します。

創立100周年に向け初等部とこども園では、互いに連携を深めながら子どもたちの教育、学習環境を整備していきます。未来の社会で活躍できる人としての基礎を培い、またその後の成長を見据えて新しい教育を計画します。グローバル化が進む社会で生きる力を培うとともに帰国子女や外国籍の子どもたちの受け入れにも積極的に対応します。

新たな教育と環境整備