昭和位女子大学

MESSAGE 創立100周年を迎えるにあたって

昭和女子大学 理事長・総長 坂東 眞理子 昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子

昭和女子大学は1920年に創設されて以来日本の女子教育に力を尽くしてきましたが、2020年100周年を迎えます。
私たちはこの100年の間いろいろな試練を乗り越え、社会と時代の要請する女性の育成に努めてきました。これからも将来の社会の変化を見据え、「高き識見、篤き至誠、清き気品」の基礎の上にグローバルに通用する力を持った女性人材を育成して行きます。ボストンキャンパスに加えて、2019年にはペンシルバニア州立テンプル大学日本校を西キャンパスに誘致し、スーパーグローバルキャンパスを実現します。
AIが発展する中で人間にしかできない創造性を発揮して問題を発見し、他人との共生・共感関係を構築し、社会を支え、明るくする、世の光となる人材を育成するため変化を続けていきます。

昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子
昭和女子大学学長 昭和中学校・高等学校 校長 金子 朝子 昭和女子大学学長 昭和中学校・高等学校 校長 金子 朝子

大正9年9月、講師5名と受講生8名で始まった本学は、今では、こども園、初等部、中等部、高等部、大学、大学院を擁し、7000名以上が学ぶキャンパスへと成長しています。IT技術が急速に発展を続け、私たちのあらゆる活動は日本国内だけでなく、世界に届く時代となりました。これからは、真摯に物事に取り組み、協調性があるばかりでなく、自分の力を信じて挑戦を続けられる人材が求められています。
これまで支えていただいた多くの皆様に感謝すると共に、本学園は、次の100年を見据えて、21世紀から22世紀を担う若い人材の育成に向けて、建学の精神を込めた「世の光となろう」ということばを胸に、それぞれの夢に向かって前進できる人間教育(女子教育)の実現を目指して進みます。

昭和女子大学学長 昭和中学校・高等学校 校長 金子朝子
昭和小学校校長 昭和こども園統括園長 柴田 昭和小学校 校長 昭和こども園 統括園長 小泉 清裕

初等部の玄関に「百年樹人」という大きな木のプレートが掲げられています。姉妹校の締結をしている、台湾の立人小学校からかつて贈られたものです。
この言葉は、紀元前数世紀に中国で書かれた『管子』という本の中にある言葉で、儒教、道教、陰陽道など、さまざまな思想的な立場で記述された86編もの書物だそうです。
「一年樹穀、十年樹木、百年樹人」という言葉の中のひとつであって、「穀物を育てるには一年。木は十年間育てれば一人前になる。しかし、人が育つには百年かかる。」という意味です。子どもたちを教育し、その子どもたちが社会に出て活躍するまでに数十年、孫の代が育って貢献するまでにまた数十年、さらにひ孫の代が社会を良くするまでには延べ百年かかるという意味です。人をつくることは国をつくることであり、100年をかけて行うことなのでしょう。
本学は間もなく創立100周年を迎えます。これまで身近にいる人のために、さらには世界に貢献できる人づくりに100年かけて取り組んできました。これからグローバルな次の時代、新たな100年の人づくりが始まります。

昭和小学校 校長 柴田 芳明